た だ い ま 会 員 募 集 中 !




映画は健全な娯楽として、年齢を超えて楽しまれてきました。映画は現実の生活や夢の人生を体験させてくれ、ひとときの感動にとどまらず、生きるための指針であったり、知識をも与えてくれます。地域から映画館がなくなってひさしいいま、地域の映画ファンは大きな画面で手軽に映画を見たいという願望を持っています。中津川映画祭/にぎわいシネマ栄座が、映画上映の場を提供してきたことは、地域に映像文化運動を定着させる大切な活動であると考えます。
この活動を継続させるため、中津川映画祭/にぎわいシネマ栄座にご賛同をいただく会員、スタッフを広く募集しています。お気軽にお問い合わせください。


特 報!

2017年10月7日(土)-8日(日)

『三國連太郎を語る映画祭』
開催予告

ゲストに佐藤浩市さん、永瀬正敏さん羽田美智子さん他をお招きし、
名優三國連太郎主演映画の上映、トークショー、交流パーティーetc..
三國連太郎さんを偲び語り、顕彰する映画祭です。


〈上映作品〉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10/7(土) 10:00〜

『襤(らんる)褸の旗』
《1974 年/ 112 分》

足尾鉱毒事件を告発した政治家・田中正造の半生を描いた作品。
主演の三國連太郎は、第29回毎日映画コンクール男優演技賞を受賞した。
第48回キネマ旬報ベスト・テン第8位。

監督:吉村公三郎
キャスト
三國連太郎、田村亮、西田敏行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/7(土) 12:30〜

『息 子
1991 年/ 121 分

田舎に住む父親と都会でフリーアルバイター生活を送る息子との対立と
和解を通して、家族の真の幸福を描くドラマ。
主な出演者は「釣りバカ日誌3」の三國連太郎、永瀬正敏など。

監督:山田洋次
キャスト
三國連太郎、永瀬正敏、和久井映見、原田美枝子、浅田美代子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/7(土) 16:00〜

『美味しんぼ
1996 年/ 105 分

新聞社の企画による“究極のメニュー”をめぐり、
疎遠になっていた父子の対立を描くドラマ。
主演は初の共演が話題となった三國連太郎・佐藤浩市父子と、羽田美智子。

監督:森崎東
キャスト
三國連太郎、佐藤浩市、羽田美智子、遠山景織子、竜雷太

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/8(日) 10:30〜

釣りバカ日誌13
〜ハマちゃん危機一髪〜
2002 年/ 109 分

ハマちゃん&スーさんの釣りバカコンビが活躍する
人気コメディ・シリーズ第13弾。富山の雄大な山海の自然美を背景に、
美術館建設を巡る義理人情&恋愛騒動が展開

監督:本木克英
キャスト
三國連太郎、西田敏行、鈴木京香、小澤征悦、丹波哲郎

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/8(日) 14:30〜

三たびの海峡
1995 年/ 123 分

日本に強制連行された朝鮮人男性の半生を描く大河ロマン。
監督は神山征二郎。
三國連太郎ほか、オールスター・キャストによる、
日本映画初の本格的韓国ロケーションを敢行した作品。

監督:神山征二郎
キャスト
三國連太郎隆大介、南野陽子、永島敏行、白竜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/8(日) 17:00〜

『にっぽん泥棒物語』
《1965 年/ 117 分》

山本薩夫監督による傑作喜劇。
主人公の泥棒を演じた三國連太郎はこの映画で、
キネマ旬報と毎日映画コンクールの主演男優賞を受賞。

監督:山本薩夫
キャスト
三國連太郎、緑魔子、北林谷栄、佐久間良子、市原悦子








2018年1月27日(土)
中津川文化会館ホール
14:00〜(1回のみ)



オケ老人!
2016年

監督 細川 徹
出演 杏、黒島結菜、坂口健太郎
     左とん平、小松政夫、藤田弓子
石倉三郎、笹野高史

勘違いで、演奏経験の浅い老人ばかりの交響楽団に入団してしまった主人公の奮闘を描く、荒木源の同名小説を主人公を女性に置き換えて、杏主演で映画化したコメディ。左とん平、小松政夫といったベテラン俳優たちがヒロインを翻弄する老人に扮し、ユニークな物語を盛り上げる。放送作家や演出家としても活躍する細川徹が監督を務める。






2018年1月13日(土)

にぎわいプラザB-1 ホール

14:00〜(1回のみ)




カサブランカ
1942年

監督 マイケル・カーティス
出演 
ハンフリー・ボガート
     イングリッド・バーグマン

そこは自由を求める人々、最後の拠り所。運命が交差する場所。ナチスに追われるレジスタンスの指導者ラズロは、カサブランカを経営するリックを頼って店に現れる。リックはシニカルな性格のアメリカ人で、他人の面倒ごとには首を突っ込みたがらない。ましてや、ビクターの妻がかつて彼が愛してやまなかった女性イルザであるなら、なおのことだった。苦悩するイルザは、自らの身と引き換えにラズロを亡命させてくれるよう懇願する。愛する女性と多くの命への責任を背負い、重大な選択を迫られるリック。 運命の時は刻一刻と近づいていた…。